新型コロナウイルスの影響で中止された岡山県内各地区中学校総合体育大会の代替大会が25日、美作地区で県内トップを切って開幕した。今夏の全国中学校大会や県中学総体などが取りやめとなり、多くの3年生にとって集大成の舞台。選手たちは仲間と試合ができる喜びをかみしめながら熱い戦いを繰り広げた。

 美作地区は、4支部(津山、真庭、美作・勝田・英田、苫田・久米)ごとにサッカー、野球、卓球、バスケットボールなど最大で7競技を実施する。

 津山支部の津山西中学校(津山市二宮)ではバドミントンがあり、3年生の男女約50人が鋭いスマッシュを放ったり、相手のドロップ...    
<記事全文を読む>