来夏に延期された東京五輪の開会式が開かれる予定だった24日、全国一斉花火プロジェクト「あたらしい日本をはじめよう~はじまりの花火」が各地で行われた。新たな一歩を踏み出そうと、打ち上げられた花火が闇夜を照らした。

 埼玉では県内の青年会議所(JC)でつくる日本青年会議所埼玉ブロック協議会が所沢、深谷市で開催。見物客の「密」を回避するため、打ち上げ場所を公表せず行われた。

 所沢市中富の畑では午後8時から約1分半、計50発が打ち上げられた。同協議会JC運動推進委員会の橋本祐輔委員長(34)は「五輪延期で落ち込んだ気分を勇気づけ、新しい日常のスタートとなる花火にしてほ...    
<記事全文を読む>