2021年の夏に延期された東京五輪の開幕まで23日であと1年となる。東京パラリンピックの開幕はその約1カ月後。新型コロナウイルスの感染収束への道筋が立たない中、来年の開催についても不透明さを増している。しかし、県勢選手たちは立ち止まってはいない。夢の舞台で光り輝く瞬間を信じ、自らの限界に挑み続けている。

 ハンドボールの伝統国、デンマークの1部リーグに移り4年目となった。2度のけがを乗り越えた池原綾香(那覇西高―日体大出)は東京五輪の1年延期を冷静に捉える。「不十分だったコンディションをいかに最高にもっていくか。それが代表入りや五輪の舞台で強豪国と渡り合う鍵になる」とスポー...    
<記事全文を読む>