新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していた女子ラグビークラブ「神戸ファストジャイロ」が再始動した。落ちた体力とボールを操る感覚を取り戻しながら、段階的に接触プレーを解禁。コロナ禍でストップしていた選手集めも仕切り直している。

 同クラブは発足2年目の昨秋、一般社団法人化。運営主体の海運会社「早駒運輸」(神戸市)の渡辺真二社長が代表理事となり、ゼネラルマネジャー(GM)に神戸製鋼で活躍した浜島悠輔氏が就任した。現在、早駒運輸の社員選手3人と大学生ら11人が在籍している。

 約2カ月間の休止を経て、6月3日にグラウンドでの練習を再開した。7月1日には日本ラグビ...    
<記事全文を読む>