2018年の平昌冬季五輪で銅メダルを獲得した北見市の女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」は19日開いたオンライン形式での記者会見で、10年8月のチーム結成からの10年を振り返るとともに、20~21年シーズンの抱負を話した。

 会見には、代表理事の本橋麻里さん(34)や選手4人らが参加。本橋さんは、平昌五輪を機に「カーリング=北見市」との認知が国内外で広がったとの認識を示し、「常呂でもスポーツチームが存続できる体制になっている。地方が元気になる起爆剤となっている」と語った。

...    
<記事全文を読む>