プロボクシングの日本スーパーライト級タイトルマッチは16日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者で川南町出身の永田大士(三迫)が、2度目の防衛を狙った井上浩樹(大橋)を7回2分17秒TKOで破り、新チャンピオンに輝いた。

...    
<記事全文を読む>