男子200メートル平泳ぎで昨年の世界選手権銅メダルの渡辺一平(トヨタ自動車)が16日、オンライン取材に応じ、1年延期となった東京五輪に向け「目標は一切変わらず、ぶっちぎりで世界記録を更新して金メダルを獲得することをモチベーションに強化したい」と語った。

 代表選考会を兼ねた今年4月の日本選手権の中止以降、コロナ禍の自粛期間を経て、再び泳ぎ始めたのは5月下旬。水泳人生で2カ月近くプールから遠ざかるのは初めての経験だったといい「水をつかむ感覚がなく、自分の手じゃない感じがした」と練習の再開当初を振り返った。

 現在は母校の早大の学生らと一緒に1日約4000~5000メートルを泳ぎ込んで...    
<記事全文を読む>