アトピー性皮膚炎や心の病を乗り越えたプロボクサー、長井香織(真正)が25日、神戸市立中央体育館で日本女子アトム級王座決定戦に初挑戦する。同級1位の30歳は「支えてくれた周囲に感謝している。何が何でも勝つ」と闘志を燃やす。

 同市西区出身。三木東高時代にアトピー性皮膚炎が悪化して通学できなくなり、通信制の青雲高に移って卒業した。

 社会人になってからは、日常的な人付き合いに強い不安を感じる社交不安症に悩まされた。周りが自分の悪口を言っているのではと気に病んだり、人前に出るのが怖くなったりした。

 そんな時、自宅最寄り駅から見えたボクササイズジムが気にな...    
<記事全文を読む>