新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中断していたプロボクシングは、12日の中日本新人王戦(愛知県刈谷市)から興行を再開する。16日には東京・後楽園ホールで、ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡、日本スーパーライト級王者の井上浩樹(いずれも大橋)のタイトルマッチ2試合が無観客で行われる。興行主は世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥らが所属する大橋ジムの大橋秀行会長(55)。赤字覚悟で実施を決断した理由を聞いた。

 (森合正範)
 
 プロ野球、サッカーのJリーグが、開幕や再開へ向けて話...    
<記事全文を読む>