県内の中学生にラグビーの練習の機会を毎週水曜に提供する「豊田スポーツアカデミー」が今年も開校した。アカデミーは昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の遺産(レガシー)の一つ。今年は新型コロナウイルス感染防止策を施し、「新しい生活様式」ならぬ「新しい練習方式」でスタートを切った。(小野開栄)
 「みんなの大好きなラグビーができなくなるので守ってください」。六月二十四日夕、豊田市保見町のトヨタスポーツセンター多目的グラウンドではアカデミー開校に先立ち、生徒六十人と保護者に、手指の消毒の徹底や練習中のハイタッチと握手の禁止について、コーチ陣が説明した。
 アカデミー...    
<記事全文を読む>