伊万里市などでつくる「伊万里ハーフマラソン実行委員会」は30日、2021年1月11日に予定していた大会について、新型コロナウイルスの感染状況を考慮してオンラインで行うことを決めた。スマートフォンの専用アプリで距離とタイムを計測し、どこからでも参加できる。

 大会は市街地を発着点に伊万里湾を周回するコースで行われてきたが、新型コロナ対策を取りながら安全に運営するのは難しいと判断した。オンライン大会は各地のマラソン大会が中止になる中、一部の大会で代替手段として実施している。

 「伊万里ハーフマラソン2021オンライン」は1月1日~11日の期間中、参加者の好きな場所と...    
<記事全文を読む>