陸上の東京選手権第2日は24日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が向かい風0・8メートルで10秒22をマークし優勝した。同1500メートル決勝は館沢亨次(横浜DeNA、東海大出身)が3分42秒67の大会新記録で制した。

 女子1500メートル決勝は新谷仁美(積水化学)が4分21秒77で優勝。男子走り幅跳びは泉谷駿介(順大)が大会新の7メートル92で頂点に立った。女子100メートル決勝は石川優(相洋高3年)が11秒85で3位に食い込んだ。

 男子110メートル障害予選で日本記録保持者の高山峻野(ゼ...    
<記事全文を読む>