陸上の第74回県選手権最終日は19日、宮崎市のひなた陸上競技場で男女計20種目の決勝などを行った。男子三段跳びの黒木雄太朗(東海AC)が15メートル70、同200メートルの水久保漱至(城西大、宮崎工高出)が20秒96を出し、ともに大会新記録で優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>