東京五輪の組織委員会は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で来年夏に延期された大会の会場と詳細な競技日程の枠組みを維持すると発表した。7月第4金曜日から17日間で開催する計画を踏襲し、日付が1日ずつ前倒しとなり、開会式は7月23日午後8時から行う。競技は、開幕2日前(21日)に福島市で実施するソフトボール日本戦で始まる。暑さ対策のため、札幌で行う男女マラソンと競歩は大通公園(中央区)を発着点に、8月8日の閉幕日を含む大会最終盤の4日間で集中開催する。

 マラソンは女子が8月7日、男子は8日。いずれも札幌でメダリストに花束を贈呈する式典を開き、8日に東京・国立競技場での閉会式...    
<記事全文を読む>