「ようやく慌ただしくなってきた。僕たちは選手の活躍が一番うれしい。早く笑顔が見たいですね」。スポーツ用品大手ミズノの社員、菅井洋平(34)さんはシューズを手に取り、しみじみ言った。
 陸上選手と、「クラフトマン」と呼ばれるオーダーメード用のシューズ製作者の仲介役。選手の感覚や意見をクラフトマンにわかりやすく伝え、よりよいシューズを提供する。男子走り幅跳び日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)らトップ選手をはじめ、社会人、大学生、高校生の約30人を担当している。
 菅井さんは男子走り幅跳びで日本選手権を4度制し、2015年世界選手権(北京)代表の経歴を持つ。17年に引...    
<記事全文を読む>