陸上男子110メートル障害の元日本記録保持者、金井大旺選手(福井陸協登録・ミズノ)が7月8日、福井県を訪れインタビューに応じた。2021年夏に延期された東京五輪出場に向け前進を誓った。

× × ×

 「過去最高に調子が良い」。一回り太くなった脚の筋肉をなで、陸上男子110メートル障害の金井大旺選手は自信を口にした。集大成と位置付ける来夏の東京五輪へ、24歳の進化が止まらない。

 昨年9月の世界選手権で予選敗退。ここからハードル間の走りを一から見直した。10月中旬に母校の法政大で冬季練習を始動。筋肉量を増やし「8割の...    
<記事全文を読む>