新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった全国高校野球選手権静岡大会の代替大会として2020夏季県高校野球大会が11日、草薙など静岡県内10球場で開幕する。選抜に続き夏の甲子園も中止という大きな試練を乗り越えた110校108チームの球児が、県王者を目指して熱戦を繰り広げる。日程を順調に消化すると8月1日に決勝が行われる。

 試合は休校による選手の体力低下や限られた日程を踏まえて7回制で行われ、八回からタイブレークが適用される。移動による感染リスクを避けるため、加盟校を東西に分け、準々決勝までは東側、西側のチーム同士が対戦する。投手には1週間に500球の球数制限が採用され...    
<記事全文を読む>