昨秋の世界選手権女子マラソン代表、陸上長距離の中野円花が、岩谷産業への移籍を決断した。「もう一度日本代表に」。10年間過ごした兵庫を離れ、新天地でさらなる成長を期す。(金山成美)

 中野は大阪薫英女学院高を卒業した2010年、ノーリツに入社。14年からマラソンに取り組み、昨年1月の大阪国際女子マラソンで2時間27分39秒で4位(日本人2位)と飛躍した。

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権も獲得したが「小さいころからの夢だった」と世界選手権出場を選択。「選手村の雰囲気を味わい、短距離などのほかの種目の人たちと一緒のチームと...    
<記事全文を読む>