12月5日に静岡市で行われる県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)の小山町実行委員会の初会合が3日、町総合文化会館で開かれた。
 第1回大会から指揮を執る室伏剛監督(69)とコーチ陣を選出した。練習スケジュールなどの事業計画を決めた。
 室伏武実行委員長(75)はあいさつで「子どもたちには教育を兼ねた指導をしたい。皆さんにバックアップしていただき、いいチームをつくる」と言葉に力を込めた。
 7月25日から夏期合同練習会を5日間、9月5日から秋期合同練習会を13日間実施する。練習会や各種大会の記録を基に代表選手を選出する。

...    
<記事全文を読む>