12月5日に行われる県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)の下田市チームの決起大会が1日夜、同市中央公民館で開かれた。候補選手や保護者ら約40人が出席した。
 同市チームの渡辺洋之監督は「昨年はこれまでにない良い記録を出せた。今年も『チーム下田は一つ』を合言葉に、選手同士が励まし合いながら、一つでも順位を上げたい」と決意を述べた。30人の候補選手のうち、鈴木勝弓主将ら22人が出席し、一人一人抱負を語った。
 候補選手は大会概要と選考スケジュールを確認した。練習は3日から始め、9~10月に代表選手選考を行う。

...    
<記事全文を読む>