バスケットボールB1の富山グラウジーズは二十一日、来シーズンに向けた新体制を発表した。チームを率いるヘッドコーチにはB1京都ハンナリーズ前ヘッドコーチの浜口炎氏(50)=写真(右)=が就任。また、四シーズンぶりに城宝匡史選手(38)=同(左)=が復帰する。
 浜口氏は東京都出身。今シーズンまで十年間にわたって京都ハンナリーズを率いた。チームを通じて「日々の練習で切磋琢磨(せっさたくま)し、チームの士気を高められるようまい進します」とコメントした。
 城宝選手は二〇一一年からの六シーズンをグラウジーズでプレー。Bリーグに統合される前のbjリーグ時代には、リーグMVPに...    
<記事全文を読む>