バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)広島は、初のB1挑戦へ、選手だけでなくスタッフの強化にも力を入れた。初対戦や連戦が増えることを考慮し、戦術の分析担当(アナリスト)として筑波大大学院の又吉佑氏と契約。トレーナーを1人から2人に増員し、バックアップ体制を整えた。

...    
<記事全文を読む>