バスケットボール男子のBリーグは13日、2020〜21年シーズンのホーム開幕カードを発表した。1部(B1)は10月2日に開幕し、初参戦する西地区の信州ブレイブウォリアーズは第1節の3、4日、長野市ホワイトリングで東地区の秋田と対戦する。
 秋田は昨季、19勝22敗で同地区5位。リーグ最多のスティール数を記録した激しい守備で、1試合平均73・9失点はリーグ3位だった。エース格のキーナンは退団したが、中山や細谷ら攻撃力のある日本人選手は健在。信州はともに2部(B2)だった17〜18年シーズンに4戦全敗しており、国内最高峰リーグで成長を示すことができるか。
 信州の第2節...    
<記事全文を読む>