レバンガ北海道は9日、恵庭市の道文教大で記者会見し、来年4月に18歳以下の高校生を対象としたユースチーム「レバンガ北海道U18」を設立、それに関連し道文教大明清高(札幌)と教育連携協定を締結したと発表した。トライアウトと同高の入学試験両方に合格し、同高に入学することがU18の所属条件になる。

 学習と競技の両立を目指すことが目的。2年前にレバンガが同高の体育館を練習に使ったことをきっかけに協議を始めた。

 選手が大会参加などで授業を欠席する場合、同高は単位取得のサポートを行う。選手の通う高校が別々だと学習を支援する環境にばらつきが出るが、一つの学校に選手全員を集...    
<記事全文を読む>