バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)茨城ロボッツの新体制発表会見が9日、水戸市南町のまちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)で行われ、リチャード・グレスマン新ヘッドコーチ(HC)や新加入選手らが10月開幕予定の新シーズンに向け、意気込みを語った。

新シーズンのロースター(登録選手)は12人。7人が残留し、昨季B2得点王のチェハーレス・タプスコット(29)や、B1北海道のマーク・トラソリーニ(30)ら外国籍選手3人を含む計5人が新たに加わった。

チームは7月2日に始動。外国籍選手は8月から合流するため、この日は昨季B3東京CRで、B1経験もあ...    
<記事全文を読む>