バスケットボールBリーグの広島は編成作業を終え、初の1部(B1)挑戦へ、上々の戦力を整えた。選手層の薄かった日本人ビッグマンに滋賀から荒尾、ポイントガードは横浜から田渡を獲得。新人榎本も即戦力の期待が高い。浦伸嘉社長が「85点」と点数を付けた今オフの補強を総括する。

...    
<記事全文を読む>