Jリーグが30日開示した2019年度のJ3ヴァンラーレ八戸の決算は、当期純損益で600万円の黒字となった。営業収益は3億200万円、営業費用が3億1300万円で差し引き1100万円の営業損失が出たが、2千万円の営業外収益(営業外費用は300万円)で補った。

...    
<記事全文を読む>