明治安田J3第7節は29日、各地で9試合が行われ、AC長野パルセイロは敵地で八戸と2―2で引き分けた。今季初の連勝を狙ったが、2度のリードを守り切れず、勝ち点12で4位から5位に順位を下げた。
 AC長野は負傷した広瀬に代わってセンターバックで遠藤が先発。前半7分、吉村がゴール前のこぼれ球をシュートし、GKに弾かれたボールをDFと競り合いながら頭で押し込んで先制した。
 同12分に追いつかれた後、後半38分にロングボールを遠藤がつなぎ、途中出場の佐野が頭で勝ち越し点を奪った。しかし43分、豪快なミドルを決められた。
 第8節は8月2日。AC長野は長野Uスタ...    
<記事全文を読む>