サッカーのドイツ1部リーグ、ウニオン・ベルリンから獲得の申し入れを受けたJ1横浜Mの遠藤渓太(22)が24日、横浜市内で行われた練習後にオンライン取材に応じ、「オファーが届いたことは素直にうれしい。マリノスやアンダー(年代別)の代表での活躍が認められた結果だと思う」と心境を語った。

 遠藤は海外移籍に前向きで、契約交渉は大詰めの段階とみられる。ポステコグルー監督も「(移籍が)決まってくれればうれしいし、若い選手がクラブを代表して海外に行くのはすごくいいこと」と話した。

 26日のアウェー札幌戦が、育成組織から約11年在籍したマリノスでの移籍前最後の試合...    
<記事全文を読む>