J2アビスパ福岡のDF上島拓巳(23)が22日、オンラインで取材に応じ、25日のホーム岡山戦での3連勝を誓うとともに、1年後に開幕する東京五輪での代表入りに向けて「全42試合をフルで戦い抜いて結果を出す」と目標を掲げた。

 J1柏から期限付き移籍で今季加入した身長185センチの上島は不動のセンターバック(CB)として、フィールドプレーヤーで唯一フル出場を続ける。19日の徳島戦では2試合連続無失点に抑えると、CKからのヘディングでプロ初ゴールを決めて2連勝に貢献した。

 五輪世代のCBの代表争いはアビスパ出身の冨安健洋(ボローニャ)を筆頭に激戦。上島は森保一監督の...    
<記事全文を読む>