平塚市は、サッカーJ1の湘南ベルマーレの本拠地「Shonan BMW スタジアム平塚」(平塚競技場)の命名権(ネーミングライツ)契約が2021年1月末で終了すると発表した。相手企業の意向によるもので、市内外のベルマーレサポーターらに浸透していた愛称は約9年で終わりを迎える。
 
 同競技場の命名権は、12年3月から3年間、BMW社製自動車のディーラーと年額2000万1円で契約し、今の愛称になった。更新を重ね、19年3月からは3年間、年額1000万円で契約を結んでいた。
 
 市によると、今年2月、ディーラーが別の会社に譲渡され...    
<記事全文を読む>