サッカーJ2は第6節最終日の19日、各地で9試合が行われた。モンテディオ山形は新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで新潟と対戦し、1―1で引き分けた。4試合連続で勝利がなく、通算成績は1勝3分け2敗。順位は20位に下がった。

 中3日の連戦。山形は前節から先発5人を入れ替えた。前半42分、FW大槻周平が右クロスに左足を合わせ先制点を奪ったが、ペースを握られた後半17分、左サイドからのクロスを起点に同点ゴールを許した。

 このほか、首位の長崎は岡山に2―1で逆転勝ちし、勝ち点を16に伸ばした。2位の大宮は甲府に0―1で敗れ、2連敗で同12のまま...    
<記事全文を読む>