サッカー元日本代表の巻誠一郎さん(39)=熊本県宇城市出身、写真=が、同県南部を襲った豪雨の被災地へ支援物資を届けるボランティアに取り組んでいる。2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会にも出場した高い知名度を生かし、会員制交流サイト(SNS)などで呼び掛けて集めた飲料水や衣類などを希望者に無料で配布。16年の熊本地震でも同様の活動をしており、サッカーに注ぎ続けてきたような情熱を今、古里の復旧・復興支援に向けている。

 7月中旬、同県人吉市内のラフティング会社の倉庫に設けられた物資受け入れ拠点に、巻さんらがトラックで日用品やスコップ、土のう袋などを運び込んだ。その場で訪...    
<記事全文を読む>