サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部第1節最終日は19日、各地で無観客の3試合が行われた。AC長野パルセイロ・レディースは長野UスタジアムでちふれAS埼玉に0―1で敗れ、5季ぶりに参戦する2部を黒星でスタートした。
 AC長野は新加入の岡本、住永がボランチで先発。2トップには泊と中村(長野市出身)が入った。後半19分、相手MF田嶋に先制ゴールを許す苦しい展開。同点ゴールを狙って攻め込んだが決めきれなかった。
 第2節も無観客で25、26日に行われる。AC長野は25日、敵地で昨季4位のオルカ鴨川と対戦する。

...    
<記事全文を読む>