サッカーJ3のFC岐阜は第五節の十九日、岐阜市の長良川競技場でロアッソ熊本に1−0で勝ち、今季のホーム初勝利を挙げた。二勝二分け一敗の勝ち点8で、順位を七位に上げた。
 岐阜は前節からスタメン二人を変更し、FW高崎寛之選手が初先発。前半は相手にボールを握られたものの守備陣が粘りを見せ、両チーム無得点で折り返した。後半には途中出場のFW前田遼一選手が体を張ったプレーでリズムをつくり、試合終了間際にMF永島悠史選手がこぼれ球をねじ込み、劇的な決勝点を決めた。
 次節は二十六日、ホームで十五位のガンバ大阪U−23と対戦する。

 (沢田石昌義)
<記事全文を読む>