北海道コンサドーレ札幌は18日、アウェーで仙台と戦い、2―2で引き分けた。1点ビハインドの前半32分にMF荒野拓馬(27)が1発レッドカードで退場。1人少ない中2点を先行されるが、MFチャナティップ(26)、DF田中駿汰(23)のゴールで追いついた。リーグ再開後の敵地4連戦を2勝2分の負けなしで終え、7位。次節は22日、札幌ドームでFC東京とのホーム開幕戦に臨む。

 執念が、最後の最後でボールに宿った。後半アディショナルタイム2分。MFルーカスの左CKに田中がニアサイドでつぶれる。FWジェイの折り返しが着地とともに田中の左ふくらはぎをかすめ、ゴールに吸い込まれた。途中投入の...    
<記事全文を読む>