新型コロナウイルスの影響で開幕が例年より約4カ月遅れていた日本女子サッカーリーグ「プレナスなでしこリーグ」が18日開幕した。1部の伊賀FCくノ一三重は、スポーツの杜鈴鹿で行われたINAC神戸戦で0―1で敗れた。

1部は10チームがホームアンドアウエー方式の2回戦総当たりで争う。夏場の前半戦は暑さ対策のため薄暮開催となり、この期間の伊賀FCくノ一三重のホーム戦会場はナイター照明設備が整っているスポーツの杜鈴鹿となった。第2節まで無観客試合。

...    
<記事全文を読む>