サッカーの明治安田J1リーグ第5節の18日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に清水エスパルスを迎え、3-1で快勝した。

 リーグ再開後、ホームに初めて観客を入れて開催された一戦は、前節大分戦を欠場したイニエスタやサンペール、西が先発復帰。前半終了間際、イニエスタの左CKからニアサイドに走り込んだ古橋が頭で合わせて先制した。

 後半も早々に神戸が突き放す。9分、長い距離を持ち上がった古橋のクロスをドウグラスが左足で押し込んだ。20分には、ドウグラスのヘディングがポストに跳ね返ったところを古橋が左足で追加点。30分に酒井のパスミスから1点...    
<記事全文を読む>