J3で10位のFC岐阜は19日、ホームの長良川競技場で第5節の2位熊本戦に臨む。前節はC大阪U-23に今季初黒星を喫し、J2昇格圏内の2位とは勝ち点7差がついた。17日の練習後、オンライン取材に応じたDF竹田主将は「離されると戦いにくくなる。踏ん張りどころで重要な一戦」と闘志を燃やした。中3日の過密日程だが、好調の難敵を退けて上昇気流をつかみたい。

 前節は前半の決定機を生かし切れないうちに失点し、後半は押し込まれた。シュートがクロスバーに当たるなど惜しい場面もあるが、4試合を終えて半分が無得点。得点力不足が乗り切れない要因の一つ。直近2日間の練習では「(サイド攻撃と素早い...    
<記事全文を読む>