北海道コンサドーレ札幌はきょう18日、アウェーで仙台と戦う。試合前日はセットプレーの確認などを行い、約1カ月の関東キャンプを打ち上げ、敵地入りした。アウェー4連戦を勝利で締めくくり、ホーム3連戦に弾みをつける。

 集大成の一戦に臨む。関東キャンプを打ち上げたペトロビッチ監督は「1カ月のキャンプで選手たちのたくましさが見られた」と目を細めた。

 移動による新型コロナウイルス感染リスクを鑑み、J1クラブで唯一キャンプを行いながらリーグ再開に臨んだ。「今年はキャンプか、自粛でずっと家にいるかのどっちかだった」と指揮官が苦笑いするように、特に札幌は難しい調整を強いられて...    
<記事全文を読む>