サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)が19、26日、松島町の松島フットボールセンターで開幕2連戦を行う。同町での公式戦は2012年のチャレンジリーグ(現なでしこ2部)以来で、翌年の1部昇格後は初。同町出身のMF小野瞳(31)は古里での開幕を「言葉にできないほどうれしい」と心待ちにする。

 松島はサッカー人生の礎を築いた地。幼稚園の頃から男子に交じってボールを蹴っていた。松島一小2年で本格的に競技を始め、所属したスポーツ少年団では男子を押しのけ5年生でレギュラーをつかんだ。
 その後、名門の聖和学園高と早大で年代別日本代表に...    
<記事全文を読む>