今季初の有観客ホーム戦を翌日に控えたサッカーJ2の栃木SCは14日、試合会場となる宇都宮市清原工業団地の県グリーンスタジアムで、新型コロナウイルス感染予防対策の運営シミュレーションを行った。

 Jリーグは7月中の観客動員上限を「5千人または収容人数の50%の少ない方」と規定。栃木SCは15日の大宮戦(午後7時開始)からシーズンパスポート保有者や優待チケット保有者らに限定し、最大3800人まで入場させる方針。ビジター用の席は設けない。

 感染防止のため、入場口には検温用サーモカメラを設置。来場者は係員にチケットを提示した後、自らチケットをもぎって入場する。スタンド...    
<記事全文を読む>