サッカー明治安田J2の第4節は11日、各地で行い、FC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦して1―3で敗れた。2連敗で3敗1分けとなり21位。観客を入れたホーム戦は今季初。次戦は15日午後7時からタピック県総ひやごんスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦する。

 【評】琉球は前半はボールを支配するものの、守備に阻まれてゴールまでなかなか至らない。不意を突かれるようにカウンターから先制点を奪われた。その後も攻撃を緩めず、後半5分、阿部拓馬が決めて1点を返したが、再び一瞬の隙から勝ち越し点を許してしまった。

◇小泉、攻守で躍動 勝利渇望

 今季初...    
<記事全文を読む>