サッカーの高知ユナイテッドSC(高知U)が、8日後に迫ったJFL(日本フットボールリーグ)の開幕戦(19日・春野球技場)の準備に追われている。県勢が初めて挑む「緊張感あふれる」世界。そこへさらに新型コロナウイルス対策まで加わったから、さあ大変。スタッフらは頭を悩ませながら、大急ぎで対策を進めている。   試合前のチーム撮影もソーシャルディスタンス 試合前のチーム撮影もソーシャルディスタンス  7月4日、春野球技場。入り口前に設置されたテントでは、高知Uのスタッフが、審判やボランティアスタッフら来場者の額に体温計を当てていた。    本番の運営を想定した予行演習と位置づけた紅白戦。会場内...    
<記事全文を読む>