サッカー・J1サガン鳥栖は9日、選手や監督が前日の試合について解説する企画「Sagan to Stream(サガントストリーム」のライブ配信をスタートした。初回は金明輝(キン・ミョンヒ)監督が出演し、試合内容を振り返ったり、質問に答えたりして、サポーターと交流を深めた。

 新型コロナウイルスの影響でファンとクラブとの交流機会が減る中、ウェブを通じてつながりを強化しようと企画。バーチャル演出事業を手掛ける「シンユニティグループ」(東京都)の協力で実現した。

 初回は金監督と司会が、ヴィッセル神戸戦(8日)の試合映像を見ながら選手の持ち味やプレーを解説。金監督は今季...    
<記事全文を読む>