サッカーJ2松本山雅FCは第四節の十一日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで、アルビレックス新潟と対戦する。ホームチームのサポーターだけだが、約四カ月半ぶりに一部観客を入れる試合で、布啓一郎監督は「苦しい時期が続いた中でとても喜ばしい。しっかり勝ちきる試合をしたい」と意気込む。
 新潟はボールを保持して攻めるスタイルで、得点力が高く、今季の三試合は毎回3得点している。特に身長一九二センチで速さのあるFWファビオ選手と、決定力の高い同渡辺新太選手が3点ずつ奪っており要注意だ。一方で、ここ二試合で8失点しており、守備に付け入る隙がありそうだ。
 山雅は好機をつくりな...    
<記事全文を読む>