J2東京Vから期限付きで今季加入したJ3沼津のDF安在達弥(24)が、早くもチームの中心的存在になっている。チーム事情で不慣れな左サイドバックを担っているが、攻守両面で貢献度を高めている。
 安在の本職は右サイド。だが、6月27日の藤枝との開幕戦は、けがで戦列を離れていた右のDF尾崎が復帰したため左に回った。「練習試合でも左はやったことがなかった」と不安もあったが、積極的な攻撃参加でチームに好影響を与えた。
 藤枝戦は後半32分、安在が敵陣深くで獲得したCKから同点ゴールが生まれた。38分は安在が放ったシュートが相手の手に当たり、勝ち越しのPKを獲得した。「(クロス...    
<記事全文を読む>