サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースのMF隅田が、主将として異例のシーズンに臨むチームを引っ張る。新型コロナウイルスの影響で延期された開幕戦は今月19日。「サッカーができず、もどかしかった気持ちを試合で表現したい」。持ち味の縦パスやミドルシュートに磨きをかける。

 開幕まで10日を切り、練習に臨む選手たちの表情に気迫がみなぎる。「チームに覇気が出てきた」。頼もしさを感じながら、自らもミドルシュートを次々決めるなど調子を上げている。「あとは最後まで(シュートを)決め切ることが必要」と気持ちを高める。
 チームを引っ張る責任を自覚している。元日...    
<記事全文を読む>