歴史的1勝だ! 北海道コンサドーレ札幌は敵地で鹿島と対戦し、2―0で快勝した。公式戦のアウェーで鹿島を下すのは実に10試合目で初となった。前半7分にFW鈴木武蔵(26)がクラブJ1初となるリーグ開幕3戦連発弾を決めて先制。試合終了間際には途中出場のMFルーカス(26)がダメ押しゴールを叩き込んだ。これで札幌は2連勝で6位浮上。次節は12日、敵地で湘南と対戦する。

 ついに勝利! 札幌がカシマスタジアムで初めて勝ち名乗りを上げた。白星奪取へつながる扉をこじ開けたのは、やはりエースストライカーだった。

 前半7分。自陣深くでボールを持った3バック中央のMF宮沢が縦に...    
<記事全文を読む>