【評】川崎が前半の4ゴールで圧勝した。開始17分、スローインからつなぎ、大島が右足シュートを決めて先制。同23分に右クロスをレアンドロダミアンが流し込み、さらに長谷川が2得点した。FC東京は相手のパス回しに翻弄(ほんろう)された。

...    
<記事全文を読む>